« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月の11件の記事

2008年4月29日 (火)

グルービング下駄山との別れ

今日は祭日ではありますが、仕事でした。それでも仕事を終えた後にSポイントを走ってきました。
仕事のあった日の夕方に走りに行ったのは理由があります。
知り合いの方からタイヤを譲ってくれないかと相談を受けたのです。事情を聞いたのち、むさんから譲っていただいたグルービングされた下駄山を譲ることに決めました。
その下駄山との別れのクロカン走行なのです。

Sca340004
Sca340009
減ってきてグルービングされたところの浅い溝は無くなってきています。
しかし、グルービングされたことによる柔軟性とサイドの山でまだまだグリップはしてくれます。

Sポイントには連休中ということもあり、タイヤのトレッドパターンがいくつも残っています。
Sca340001
このバケツにもタイヤの跡が残っていました。前へ進むとリアバンパーがぶつかったのですが、先日変えたこのバンパーは丈夫で、多少ぶつけても歪みもしないしテールレンズも割れませんでした。

Sca340002
Sca340003
ろくろくエアも落としてはいないのですが、柔軟性によりいいトラクションを岩場では得ることができます。

短い時間でしたが、それなりに楽しんで帰宅しました。

次の日の30日の夕方には、MT2に履き替えて下駄山に別れを告げました。
引き取られた下駄山は、早速、新オーナーによって山で活用されたそうです。

2008年4月27日 (日)

ダートツーリングのはずが、、、

朝、5時30分にYASUさんと待ち合わせです。しかし、久々のツーリングの為か、早めの4時には目が覚めてしまいました。
その後、着替えてバイクで待ち合わせ場所に向かいます。ところが、アクセルの戻りが悪いです。昨日のグリップ交換が原因でしょう。
待ち合わせ場所についてから、アクセルホルダー部を分解します。アクセルグリップがホルダー部に近すぎて干渉していたのと、グリップを付ける時につけた接着剤がはみ出したものが悪さをしていたようです。
グリップの位置を無理やり戻し、清掃することで何とか使えるようになりました。ツーリングから帰ってきてからクリーナーで清掃すると完全に動きはよくなりました。

最初からトラブルで先行きが思いやられます。
今日は久々に通る林道と、昨年mixiで知り合った方と一緒に走った林道を走る予定です。
ところが、久々に通る林道の入り口を間違えてしまい、道を戻ることに。
そのうち雨が降ってきました。
久々に通る林道の入り口に付いた頃には雨はやみましたが、ダートがありません。舗装されてしまっています。
雪解け間もない為でしょうか、落石や落ち葉があり四輪は通った跡はありません。様々な障害物に気を使いながら通過していきました。

気を取り直して、昨年走った林道です。
ところが、こちらもダートがありません。真新しい舗装です。そして、こちらも四輪の通った跡がなく、落石や落ち葉だけでなく倒木越えもありました。
時間がかかるばかりなので、引き返すことにしました。

帰り道の途中に林道の入り口があったので、入ってみることにしました。
ところがこちらも落石あります。
Sca340025
それでも、バイクの通れるラインはあったので、奥へ進みます。
Sca340024
春先ということもあるのでしょうが、長い間通行していない道のようです。
Sca340026


この先、もうしばらく行ったところで、かなり道が荒れてきて、こちらも時間がかかりそうなので引き返すことにしました。
地元まで帰りYASUさんと別れました。
しかし、これではせっかくオンロード向けタイヤのD604からタイヤを交換した意味がありません。
近所の短いダートを何本か走って家に帰りました。

走行距離(燃費)92.4km/3.71L=24.9km/L

2008年4月26日 (土)

グリップ交換

明日、早朝にYASUさんと近所のツーリングに行くことになりました。
グリップがヘタってちぎれ始めていたので、交換いたしました。
Sca340023
また、行き先は林道ということで、タイヤ(ホイール)をダンロップD604からBS ED03/04に交換いたしました。

スペアタイヤブラケット

リアバンパーを交換したことにより6.50-16、7.00-16サイズのタイヤがスペアタイヤとして取り付けできなくなりました。
そこで、スペアタイヤブラケットを加工して、スペアタイヤの取り付け位置を5cmほど上げることにしました。
YASUさんに手伝っていただき、ブラケットの加工をいたしました。
Sca340019
これで6.50-16も7.00-16のタイヤをスペアタイヤブラケットに取り付けることができます。
Sca340021

2008年4月20日 (日)

新兵器 前後

知り合いの方から、ジムニー・シエラへ取り付ける新兵器を譲っていただきました。
Sca340010
ウインチとウインチベット、及びリアバンパーです。
ウインチはWARN M6000改 M8000相当、リアバンパーはワイルドグースのものです。
ウインチは加工をしないと装着できないので、後日ということにしました。
ウインチベットを取り付けるフレーム部の補強材を今のバンパー取り付けに用いました。
Sca340011
リアバンパーは装着しました。
頑丈な作りでヒッチメンバーをつければトレーラーも牽引できるというものです。
しかし、6.50-16のスペアタイヤが干渉して取り付けることができません。
Szca340012
6.50-16が無理ということはスペアタイヤと交換した場合の7.00-16のタイヤも取り付けできないということです。
スペアタイヤブラケットを加工して、7.00-16のタイヤも装着できるようにしたいです。


2008年4月19日 (土)

整備 ナックル、LSDオイル交換

ナックルよりオイル漏れをしておりましたので、キングピンまわりの整備をしていただきました。
最近、LSDの効きがスムーズではないのでLSDオイルも交換いたしました。
Sca3400052
オドメーター:115,136km

2008年4月 6日 (日)

ブッシュの規制を一つ外す

先日からJB32Wの足周りを色々といじくっています。
今日は、左のリアアームのホーシングと結合しているボルトの後ろ側を外す実験をしてみました。

オンロードでは、かなり柔らかく感じます。発進時に足回りがよれているのがわかります。
犬ション状態では、ショックの最大長まで足が伸びるようになりました。
3リンクという構造の為、ホーシングに対してラテラルとアームのブッシュで動きをかなり規制していたようです。
Sca340029
リアのサスストロークは約40cmとなりました。
車体の大きさ(ホイルベース、トレッド)に対して動きすぎという感じがします。

リアは今までの通りAPIOの3インチアップコイルとJA11用純正カヤバ可変式ショックの組み合わせがいいのかもしれません。

洗濯

天気がよかったのでMOOSEのジャケットとパンツを洗濯しました。
ゴアテックスを使っているので、手洗いをしています。
Sca340026


2008年4月 5日 (土)

土のSポイント

夕方、Sポイントへ行ってきました。
岩場は走れなかったので、土の所のモーグルを中心に堪能してきました。
柔らかい土なので踏むと崩れて山が低くなるので、見かけほど難易度は高くはありませんでした。
Sca340020
これで、前後伸びきっています。
Sca340022
フロントのブレーキホースは左右とも足が伸びてハンドルを切った状態でギリギリの長さです。
リアはショックに余裕があるのですが、ラテラルとアームが規制しあって伸びません。
3リンク構造ですから、仕方がないのでしょう。
しかし、トラクションは私程度の腕には必要十分に感じました。

2008年4月 4日 (金)

リアのバンプストッパー延長

JB32Wのリアのバンプストッパーの延長を行いました。
長いショックに入れ替えたので、そのショックの保護の為です。
また、縮みきらないコイルに対してへの保護の為です。
Sca340010
5mmの座金を左右とも3枚入れるつもりでした。左側は3枚入りましたが、右側はネジの長さが微妙に足らないので2枚しか入りませんでした。
しかし、これでもバンプストッパーが仕事をするようになったので、良しとします。

また、タイヤを下駄山からMT2に入れ替えました。
Sca340012
これは、来週末に仕事関係で高速道路を使って出かける予定があるからです。
山が減っていますので、泥のところでは下駄山よりもトラクションが落ちます。しかし、そんなに濡れているところでなければ、それなりにトラクションしてくれます。

運転席側の足元のマットを入れ替えました。汎用でカットして使うものです。
Sca340013
しかし、使っていると、すぐにずれてしまいます。あんまりよくありません。
要改善です。

オドメーター:114,849km

2008年4月 3日 (木)

足回り交換 リアショック変更

リアがコイルで縮みが規制されているのなら、長いショックを取り付ければ、伸びを活用できるのではと考えました。
YASUさんがモンローと思われる長いショックを持っておられたので、使わせていただきました。Sca340005_2
Sca340006_2
Sca340007


« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ