« 洗濯 | トップページ | 整備 ナックル、LSDオイル交換 »

2008年4月 6日 (日)

ブッシュの規制を一つ外す

先日からJB32Wの足周りを色々といじくっています。
今日は、左のリアアームのホーシングと結合しているボルトの後ろ側を外す実験をしてみました。

オンロードでは、かなり柔らかく感じます。発進時に足回りがよれているのがわかります。
犬ション状態では、ショックの最大長まで足が伸びるようになりました。
3リンクという構造の為、ホーシングに対してラテラルとアームのブッシュで動きをかなり規制していたようです。
Sca340029
リアのサスストロークは約40cmとなりました。
車体の大きさ(ホイルベース、トレッド)に対して動きすぎという感じがします。

リアは今までの通りAPIOの3インチアップコイルとJA11用純正カヤバ可変式ショックの組み合わせがいいのかもしれません。

« 洗濯 | トップページ | 整備 ナックル、LSDオイル交換 »

JB32W」カテゴリの記事

コメント

対角2輪スタックより3輪接地、綺麗に四輪接地出来るに越した事はないでしょうから・・

慣れとは怖いもので40センチのストロークも慣れると普通になっちゃうとおもいま~す(笑)

慣れますか。
サスが柔らかく感じるのと相まって、キャンバー状態では怖く感じました。

機会があれば、このボルトを抜いた状態で某犬ション台に挑戦してみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブッシュの規制を一つ外す:

« 洗濯 | トップページ | 整備 ナックル、LSDオイル交換 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ