« D604でのダート走行 | トップページ | トラブルだらけのショートツーリング »

2008年6月28日 (土)

JB32フロントにJA11ショックを

JA11用フロントショック(スズキ純正カヤバ可変式ショック)を入手できましたので、ラストリーフのアダプタと合わせてJB32に装着することにしました。

以前、装着していたラストリーフのコイルと共に装着していたショックは
伸び47cm縮み28cmでストローク18cm
でした。
今回のショックは
伸び43cm縮み27cmでストローク16cm
です。
(数値はメジャーで測定したもので大よそです。)

そのままではJB32に装着できないので、まずシェルを外します。
Sca340004
その次に、ダイヤルがコイルと干渉するのでダイヤルを外し、数値をマジックで記入しました。
Sca340005
Sca340006
上部取り付け部には大きなワッシャ(リング状のスペーサー)をつけてボディ側の保護(補強)としました。

その後、試走してバンプストッパーの高さ調整をしました。
Sca340022_2

また、車高の変化に伴うハンドルのセンターズレの補正、アームのブッシュのストレス開放(1G状態で緩めて、また絞める)をいたしました。

Sca340020_2

犬ションをしてみたところ52cmまでいきました。
ショック変更前が46cm、ラストリーフが52cm、APIO3インチアップ48cmですから、満足いく数値です。
それよりもうれしかったのは垂直な58cmのコンクリート段差を上ることができたことです。自分でも意外でした。
タイヤはミシュラン XZL6.50R16で空気圧は2kgf/cm2でした。
タイヤのグリップが良くと足が素直に動かないと、こうはいかないと思います。
Sca340023_2

本格的にオフロードでは走らせていませんが、トラクションに期待がもてる足回りになったと思います。


でも、悲しいこともありました。
フロントデフへのシャフトから異音です。
前から少しはしていたのですが、音が気になるくらい大きくなってきました。
フロントシャフトのグリスアップにより音は小さくなりましたが、まだしています。
そのうち修理しないといけません。

« D604でのダート走行 | トップページ | トラブルだらけのショートツーリング »

JB32W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JB32フロントにJA11ショックを:

« D604でのダート走行 | トップページ | トラブルだらけのショートツーリング »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ