« クラッチ交換 | トップページ | 久々のXZL »

2008年6月15日 (日)

スペックダウン

昨日の夕方からジムニー・シエラ JB32Wの足回りを変更いたしました。
クロカン的なスペックとしては、ダウン方向です。

変更した理由は、
・今までの仕様(ラストリーフの4インチアップ コイル)で満足するものを仕上げるには、知識も金銭もスキルも時間も足りない。
知識とスキルがなければ金銭で解決、金銭が少なければ知識とスキルで解決するという方向もありますが、全て足りないということです。
・今の仕様で脚の動きはいいが、ストローク自体は満足するものではない。
・今の仕様では町乗りで色々不都合な点が多い。
あちらを立てれば、こちらが立たず。トレードオフの関係にある性能もあります。高次元でバランスをとるには先に掲げたものが不足しています。
・車高が上がりすぎで好きでない。
等です。

コイルは柔らかめの2.5インチコイルを使うことにしました。
・ばね定数がフロントが1.80kgf、リア左が1.97kgf、リア右が2.03kgf
・自由長は、(実測)フロント左327mm、フロント右340mm、リア左347mm、リア右360mm
・線径が(実測)でフロント10.2mm、リア11.2mm
という乗り心地重視でヤフオクで売られているものです。

ノーマルのコイルは手持ちの資料(スーパースージー 2005年12月号)によりますと、
・ばね定数は、フロントが1.938kfg、リアが2.142kgf
・自由長は、フロント290mm、リア左289mm、リア右305mm
となっています。

比較するとノーマルよりも柔らかくて長いコイルということになります。
へたりが不安ですが、クロカン用としてはなかなかいいスペックではないでしょうか。
Sca340029
派手な赤色のコイルでしたが、地味な黒に塗装いたしました。コイルですから、そのうちはがれてくるでしょうが(笑)

フロントショックは、ノーマルショックに25mmのスペーサー(大きめナットx2)で延長しました。
Sca340033
本当はもっと延長したかったのですが、ショックの頭のネジ長さの関係で25mmとなりました。

リアショックは、JA11用純正オプションのカヤバのショックです。以前使用していたものです。
それに合わせて、コイルの遊び防止にゴムのスペーサー、左のみコイルの受けに筒を装着しました。
Sca340034

バンプストッパーは、フロントが30mm、リアが33mmのかさ上げとしました。

組み付け後は、ラテラルとハンドルセンターの調整をいたしました。

Sca340040a_2

スペックとしては、右前上がりの犬ションで46cmでした。
そのときのフロントの左右のストローク差は21cm、リアは27cmでした。
フロントショックは、ストローク155mのうち115mmしか使用していませんでした。
しかし、うれしいことに前後ともバンプストッパーまできっちりと縮んでいました。柔らかいコイルにしてきっちり縮むのは気持ちがいいものです。
前の仕様のラストリーフは縮んでくれました。しかし、ノーマル、HAMMER、APIO3インチのコイルらは、犬ションで前後ともきっちりと縮むということはありませんでした。

今回
Sca340041
今まで
Sca340009

今後の予定です。
・フロントは、ノーマルと同じストロークのショック(JA11ノーマル等)を用意して、ショックアダプターを使って+1インチアップ。ショックのストロークは、15~20mm程度余裕が残るぐらいでかなり有効に使えるようになるはずです。
・リアは、1インチのコイルスペーサーを追加してフロントとのバランスをとる。
・フロントショックの上部のボディ側取り付け部がかなりへたってきているので補強をする。

オドメーター:116,347km

« クラッチ交換 | トップページ | 久々のXZL »

クロカン」カテゴリの記事

JB32W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペックダウン:

« クラッチ交換 | トップページ | 久々のXZL »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ