« 早朝林道080726 | トップページ | JB32W フロントショック調整 »

2008年8月 3日 (日)

WR250R試乗

金沢モトランドでYSP主催の試乗会&オフロードライディングスクールがありました。
昨年発売されてから気になっているWR250Rの試乗をしてきました。
Sca340005
最初はギヤ比とタイヤを変更した車両に乗せていただきました。
意外と最初は、YSPの方の後についてコースを教えていただきました。
そのときに、低速があるなぁと思ってアクセルもろくに開けずにチンタラ走っていたら、キャンバーの上りでエンストしてこけてしまいました。
恥ずかしい・・・
次の周回からは、そんなこと無くたんたんと走らせていただきました。
私の腕ではアクセルを思い切り開けれるような長い直線がなくタイトなコースですが、乗りやすく、楽しいです。
極低速はぬるく感じますが、それ以外は扱いやすく感じました。
車体も素直に曲がってくれます。
重さも感じません。

ちょっと休憩のち、今度はフルノーマルの車両を試乗させていただきました。
タイヤもノーマルなので、その辺は気をつけないといけませんが、先ほどより低めのギヤで走るようにすれば特に不満は感じません。
ノーマルでこれだけパワー感、トルク感があり、車体も軽く感じ、走りやすければ十分です。
規制前の1980年代の4stトレールに感じるだるさがありません。
シビアになり過ぎない程度にレスポンスがいいです。
自分の腕が上達したような錯覚させ起こします。

その後、休憩して、今度はマフラーまで交換してある車両も試乗しようとしましたが、もう帰る時間になっていたので残念ですがここで帰りました。


自分のTT250Rで同じコースを走ったわけではないで、確実ではありませんが、多分WR250Rのギヤとタイヤを替えた車両の方が楽に走れるように思います。
かと言って自分のTT250Rから買い換えるほどかと言われればNoです。
私にとってTT250Rは手塩にかけているので愛着もあり、十分にダートを楽しんで走ることができるからです。
ただ、もっとパワーの差がでるような場所(長めの直線、上りなど)を試乗していたら、印象はもっと変わっていたかもしれません。

WR250Rは排ガス、騒音の規制が厳しくなっている中でヤマハの本気を感じるいい車両だと思いました。

« 早朝林道080726 | トップページ | JB32W フロントショック調整 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WR250R試乗:

« 早朝林道080726 | トップページ | JB32W フロントショック調整 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ