« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の2件の記事

2008年9月28日 (日)

Sポイント走行会20080928

今日は、やっさんの音頭でSポイントで走行会が行われました。
私は都合により10時頃からお昼過ぎまでの参加となりました。

現地には、やっさん、MOTOさん、オレンジおじさん、ゆーきさんが居られました。
そして、やっさんとオレンジおじさんのお連れの方のMUKKUさんが居られました。
MUKKUさんのJB33は、ぱっと目JB33には見えませんでした。
車両にはかなり手が入っているようです。 そして、落ち着いた走りをされていました。
Sca340003

私は久々のSポイントということでウロウロとあちらこちらを走り回っていました。
やっさんやMUKKUさんが走っておられたヒルクライムにも、私も挑戦しました。
Sd24b
何度か、クローリングで挑戦するも、上れません。
少し勢いをつけると何とかクリアできました。
しかし、見ていたやっさんからは『勢いつけ過ぎ、タイヤが宙に浮いていたよ。』とコメントをいただきました。
撮影された画像を見ると、たしかに勢いつけ過ぎです。飛んでいます。
S5b0c


自分では少しのつもりでしたが、かなり勢い付けています。

MOTOさんは、オレンジおじさんの指導の元で色々と挑戦して走っておられます。
Sca340006
オレンジおじさんは、今日は本気でないらしく『初代エスクードの純正タイヤと純正ホイール』で走っておられます。

私は階段状のところに挑戦しました。
Sa3d0
うまく上れなくてもたもたしていると、今日Sポイントへお誘いしたなおてぃ~さんからもうすぐ着くとの電話がかかってきました。

なぉてぃ~さん到着後、歓談した後に、また走り出しました。
ふと見ると、やっさんがV字で張り付いています。
Sca340008
やっさんのJB31には秘密兵器があり、片側のタイヤが浮いても接地しているタイヤに駆動をかけることができます。
いつもは、そんな状態でも自力でなんとかされることが多いのですが、今日は違いました。
バキッといやな音が響きました。
どこか駆動系を痛めたようです。
その後は車両に無理をかけないように、オレンジおじさんを中心にしてレスキューがはじまりました。
私もラグオールやハイリを使ったり、置石をしたり、JB32を牽引のアンカーにしたりお手伝いをさせていただきました。
途中、アンカーにしたJB32に出入りするのに運転席側のドアが開けない状態だったので、窓から出入りいたしました。その時、やっさんのJB31に勝るとも劣らないバキという音がしました。バイザーに引っかかって割ってしまいました。
スタックしたやっさんには悪いのですが、正直申しまして、レスキューを楽しませていただきました。

その後は、時間が無いので私は先に失礼するさせていただきました。

夕方には、JB32をアンカーにする時に窓から出入りした拍子に割ってしまったバイザーを直したりしていました。
Sca340012

ガソリン補給とエアを充填するためにガソリンスタンドに行った時には、シートの穴を直すフェルトののり付きシートをからあげさんにわけていただきました。
Sca340013

また、リアのアームが足が縮んだ時にボディと干渉しているのを発見しました。これは、狭いところなので糸鋸の歯か、やすりで削って対処したいと思います。

最後になりましたが、ご一緒になったみなさん、色々と助けてくださったみなさん、どうもありがとうございました。

2008年9月13日 (土)

近所の林道走行20080913

朝5時過ぎから7時過ぎまで、TT250Rで近所の林道を走ってきました。

久々のバイクです。
ガソリンは前回満タンにしたのに少し減っているような気がします。蒸発したのかもしれませえん。
エンジンはかけると、すぐに目覚めてくれました。
そして、ダートにはいると夏場に比べると気温が低い為キャブが薄めというか、ふけが軽くなっているのがわかります。
しかし、バイクの方は調子よくても、人間の方はバイク、ダート走行の感がなかなか戻ってきません。
あれれと思いつつも林道を二本走り、次の林道を目指します。

道路に動物が死んでいるのを見つけました。
ハクビシンです。
Sca340032a
道路から路肩の草むらへ移動させておきました。
きれいな死体でしたが、夜にでも車に轢かれたのでしょう。もう、かなり固くなっていました。

今回のメインのピストン林道に到着しました。
前回走ったときは雨水の流れた跡で荒れていたのですが、すでに整備されておりフラットダートになっていました。
かなり奥へ行った所に崖が少し崩れたところがあるのですが、それ以降は整備させておらず、路面は水の流れた跡や実際に流れていたり、道の左右からは草が生い茂っていました。
視界も悪いので時々ホーンを鳴らしながら走ります。

一番奥のところに舗装部分があるのですが、その手前に泥のところがあるのでタイヤのパターンがきれいに残っています。
Uターンして今来た道を戻るところで、そのタイヤのパターンが見えるところを撮影しました。
Sca340033

林道の途中には水を汲めるところがあるのですが、今は草のなかに隠れてしまっています。
Sca340035

林道を抜けたところで、自動販売機があるところで休憩です。
本当は山の中で休憩したいところですが、最近は、熊が怖いので単独行の時は人里で休憩するようにしています。
朝早いので、そこのお店は開いておりません。丁度窓が鏡のようになっていたので、撮影しました。
Sca340037
ジャケットに隠れて見えませんがMXジャージとMXパンツは、中古で購入してから今回が初の走行となります。
昔のJTレーシングのウエアです。今はサバイバルゲームのウエアなどで有名ですが、昔はオフロードウエアを販売していました。私はそこのデザインが好きで、ヘルメットもそのJTのものをかぶっていたこともあります。
今回購入したウエアは、私の好みからいうと派手に感じるのですが、懐かしさと値段が安かったので購入に踏み切りました。

改めてみるとオールドファッションです。1980年代から90年代にかけてのファッションです。
ヘルメットはすでに廃盤となったアライのMX-3、上下のウエアはJT、ジャケットは1990年前後のラフ&ロードのものです。ブーツも古いアルパインスターのトライアルブーツです。

その後は、もと来た道を戻りつつ、林道の横道探索をしました。
すぐに行き止まりとなるところばかりでした。その中のひとつに熊用のわなが仕掛けられているところがありました。
Sca340040
今年も熊が平野部近くまで来ているようなので、改めて気をつけなくてはいけないと思いました。

そして、ダートが終わり平野部に戻った時には、朝から降りそうだった空からついに雨が降ってきました。
ガソリンスタンドで給油し、すぐさま家路につきました。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ