« 近所の林道走行20080913 | トップページ | ふらりとSポイント20081004 »

2008年9月28日 (日)

Sポイント走行会20080928

今日は、やっさんの音頭でSポイントで走行会が行われました。
私は都合により10時頃からお昼過ぎまでの参加となりました。

現地には、やっさん、MOTOさん、オレンジおじさん、ゆーきさんが居られました。
そして、やっさんとオレンジおじさんのお連れの方のMUKKUさんが居られました。
MUKKUさんのJB33は、ぱっと目JB33には見えませんでした。
車両にはかなり手が入っているようです。 そして、落ち着いた走りをされていました。
Sca340003

私は久々のSポイントということでウロウロとあちらこちらを走り回っていました。
やっさんやMUKKUさんが走っておられたヒルクライムにも、私も挑戦しました。
Sd24b
何度か、クローリングで挑戦するも、上れません。
少し勢いをつけると何とかクリアできました。
しかし、見ていたやっさんからは『勢いつけ過ぎ、タイヤが宙に浮いていたよ。』とコメントをいただきました。
撮影された画像を見ると、たしかに勢いつけ過ぎです。飛んでいます。
S5b0c


自分では少しのつもりでしたが、かなり勢い付けています。

MOTOさんは、オレンジおじさんの指導の元で色々と挑戦して走っておられます。
Sca340006
オレンジおじさんは、今日は本気でないらしく『初代エスクードの純正タイヤと純正ホイール』で走っておられます。

私は階段状のところに挑戦しました。
Sa3d0
うまく上れなくてもたもたしていると、今日Sポイントへお誘いしたなおてぃ~さんからもうすぐ着くとの電話がかかってきました。

なぉてぃ~さん到着後、歓談した後に、また走り出しました。
ふと見ると、やっさんがV字で張り付いています。
Sca340008
やっさんのJB31には秘密兵器があり、片側のタイヤが浮いても接地しているタイヤに駆動をかけることができます。
いつもは、そんな状態でも自力でなんとかされることが多いのですが、今日は違いました。
バキッといやな音が響きました。
どこか駆動系を痛めたようです。
その後は車両に無理をかけないように、オレンジおじさんを中心にしてレスキューがはじまりました。
私もラグオールやハイリを使ったり、置石をしたり、JB32を牽引のアンカーにしたりお手伝いをさせていただきました。
途中、アンカーにしたJB32に出入りするのに運転席側のドアが開けない状態だったので、窓から出入りいたしました。その時、やっさんのJB31に勝るとも劣らないバキという音がしました。バイザーに引っかかって割ってしまいました。
スタックしたやっさんには悪いのですが、正直申しまして、レスキューを楽しませていただきました。

その後は、時間が無いので私は先に失礼するさせていただきました。

夕方には、JB32をアンカーにする時に窓から出入りした拍子に割ってしまったバイザーを直したりしていました。
Sca340012

ガソリン補給とエアを充填するためにガソリンスタンドに行った時には、シートの穴を直すフェルトののり付きシートをからあげさんにわけていただきました。
Sca340013

また、リアのアームが足が縮んだ時にボディと干渉しているのを発見しました。これは、狭いところなので糸鋸の歯か、やすりで削って対処したいと思います。

最後になりましたが、ご一緒になったみなさん、色々と助けてくださったみなさん、どうもありがとうございました。

« 近所の林道走行20080913 | トップページ | ふらりとSポイント20081004 »

クロカン」カテゴリの記事

JB32W」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sポイント走行会20080928:

« 近所の林道走行20080913 | トップページ | ふらりとSポイント20081004 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ