« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年10月の2件の記事

2008年10月 5日 (日)

近所の林道 二名様 ごあんな~い

朝、用事で出かける途中にガソリンスタンドに立ち寄りました。すると、TT250Aが通り過ぎるのが見えました。
もしかしてカ~ンさん?と思って携帯にメールすると、やはりそうでした。
午前中で用事が終わる予定なので、お昼頃から先日からお話していた近場の林道へ行きましょうとお誘いすると「OK」の返事をいただきました。
カ~ンさんからにゃかむりゃ~さんにもお誘いをかけていただき3人で走ることとなりました。

12時過ぎに、3人が揃って出発となりました。
カ~ンさんはTT250A、にゃかむりゃ~さんがKTM125、そして私がTT250Rです。
私が案内役でいつも走っている林道を案内することになりました。
上手い二人を後に控えてなので、気が楽です。分岐などで後がついてきてるのを確認するぐらいで、自分のペースで走れます。お二方は自分のペースで走れないのでやきもきしたかもしれませんが(笑)
私にとっては久々の単独行ではないので、これまた安心して走ることができました。

福光から金沢方面へ、そして小矢部方面へと走りました。
R304から山の中へ、そしてR304へ戻り、県道から外れて山の中へ。
30kmほど走った後休憩しました。
Sca340012_2
その時に、TT250AやKTM125を試乗させていただきました。
二台とも、それぞれ特徴があっていいバイクだと思いました。
Ca340013
TT250Aは昔乗っていた友人がいたこともあり、ある意味、懐かしさを感じました。
多少、癖も感じましたが、私のTT250Rよりもトルクフルに感じました。
Sca340014
KTM125は、低回転の粘りもあり、回せばパワーも出ます。125ccという排気量を感じません。国産トレールの200ccより扱いやすいかもしれません。
しかし、TT250Rに馴染んでしまっている私にはすぐには扱いきれない感じです。
私の後にカ~ンさんがKTMを試乗されました。ほとんど2stには乗ったことがないというのに、すぐに馴染んで運転されるのを見てうらやましいとも思いました。
まぁ、自分にセンスがないのですから仕方がないです。

その後は、R359へ抜け、ダートへ入りました。
自分のTT250Rに乗って感じたことは、不満もあるが慣れているので、このTT250Rが今は自分に合っておるということでした。
ダートからR359へ戻り、そして山の中を走って福光へ戻りました。

雨がちらついてきたのでワイズで休憩して解散となりました。

お二人には、概ね満足していただけたようで、よかったです。
お疲れ様でした。
そして、ありがとうございます。


また、途中、カ~ンさんに、TT250Rが回した時に糞詰まりのような音がすると指摘されました。
たしかにその傾向はあります。
もっと上が回るセッティングにもできるし、した事もあるのですが、そうすると私には扱いにくくなってしまったので、今のセッティングに落ち着いていています。
Sca340023

走行距離 56.6km 
給油 2.5L
燃費 22.64km/L

2008年10月 4日 (土)

ふらりとSポイント20081004

用事でSポイント近くまで来たので、ふらりとよってみました。

単独行でふらりとよっただけなので、タイヤの空気も減圧せず、そんなに難しいところも走らず、しかし、それなりに足が動いて楽しめるところを走りました。

右前タイヤを浮かしたり、
Sca340010
左前タイヤを浮かしたりしていました。
Sca340011

こういうことが簡単に行うことができるのは、足のストロークがそんなに長くないのと、前後の重量バランスがいいからだと思います。


« 2008年9月 | トップページ | 2008年12月 »

最近のトラックバック

フォト
無料ブログはココログ